© 2019「自己超越ゲーム」Self Transcendental Game

利用規約

自己超越ゲームを運営する株式会社ワークイットプロデュース(以下、「当社」といいます)は、通信講座の提供に関して、以下の通り利用規約(以下、「本規約」といいます)を定めるものとします。
通信講座の利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいた上で、本規約に同意いただく必要があります。

第1条 定義

本規約における用語を以下の通り定義します。

1.参加者
(1)      「参加者」とは、通信講座(自己超越ゲームを実際に受講する方をいいます。参加者には、本規約が適用されるものとします)
(2)     「契約者」とは、通信講座の申込契約をいただく方をいい、契約者本人が参加者として登録されます。
(3)     「参加者登録情報」とは、ご契約者が当社に対して提供する、受講生の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、クレジットカード情報等の情報で、参加者を認識又は特定できる情報をいいます。

2.通信講座
(1)      「通信講座」とは、当社が運営している通信講座「自己超越ゲーム」のすべて、教材その他ウェブサービス等を付随して提供するコンテンツ全体を指します。
(2)     「教材」とは、当社から参加者に対し提供、もしくは利用を許諾するコンテンツ(PDF・動画・テキスト等)をいいます。
(3)     「受講期間」また「参加期間」とは、通信講座を受けられる期間をいいます。



第2条 本規約の適用および変更
1.      通信講座に関し当社がオンラインあるいはその他の方法により随時提示する、本規約以外の「当ウェブサイト利用規約」、その他利用規約等(以下、「諸規約」といいます)は、本規約の一部を構成するものとし、諸規約が本規約と異なっている場合には、諸規約が優先するものとします。
2.      当社は、事前に告知せず、もしくは参加者の事前の承諾なしに、本規約とその他の諸規約を変更することができるものとし、当社変更後、参加者が通信講座を利用開始した時点で、参加者は、本規約とその他諸規約の内容に同意したものとみなします。

第3条 申し込み資格

通信講座の受講においては、受講資格条件が必要です。条件については当該講座のウェブサイトで掲示しています。

第4条 申し込み・承諾

1.     通信講座の利用希望者は、本規約を承認した上で、所定の手続きに従って申し込みを行うものとし、当社がこれを承諾し、当該手続きが完了した時点で、本規約に基づく契約が成立し、参加者となります。

2.      当社は、通信講座の利用申し込みを行った利用希望者が以下の各号のいずれかに該当する場合は、当該申し込みを承諾しない場合があります。
(1)      申し込み内容に虚偽、記入漏れ、誤記があった場合
(2)     クレジットカード会社の無効扱い通知を受けた場合
(3)     受講に必要な資格条件等を満たしていない場合
(4)     その他当社が受講生として不適切と判断した場合

第5条 キャンセル

1.      通信講座は、すべての教材がSNSに保存されているため、SNSにログインされた後のキャンセルはできません。
2.     通信講座で提供される教材等は、その参加資格を有する受講生のみが利用できるものとします。
3.     契約者と参加者とが異なる場合、お申し込み時に明示してお申し込みが必要です。特に指定がない場合は、契約者が参加者となります。
3.     参加後に、参加資格をご家族を含めて他者への譲渡はできないものとします。
4.     参加者は、本規約にて明示的に定める場合を除き、参加者による通信講座および参加更新の利用につき一切の責任を負うものとし、他の参加者、第三者および当社に何等の迷惑をかけず、また損害を与えないものとします。

第6条 教材およびウェブサービス等
1.      当社は、教材に関して、所定の期間内に参加者自身による閲覧、ダウンロードにより提供します。なおウェブサービス利用時の通信料金等は参加者の負担とします。
2.     参加者は、通信講座を利用する目的において、当社が指定する使用環境でのみ、教材およびウェブサービス等を使用することができます。

第7条 アカウントの管理
1.      SASのログイン用のユーザID およびパスワード(以下、これらをあわせて「アカウント」といいます)は、申込時に登録された参加者自身の電子メールアドレスおよびパスワードとします。
2.     参加者は、アカウントの管理および使用について一切の責任を負うものとし、また、アカウントを第三者に貸与・譲渡・名義変更することはできません。参加者のアカウントの使用上の過誤、管理不十分、又は第三者による不正使用等に起因して参加者が損害を被った場合、当社は当該損害につき一切責任を負いません。
3.     参加者は、当社に届け出た電子メールアドレスの使用権を失った場合やアカウント情報を忘れた場合は、速やかに当社に連絡し、当社の指示に従うものとします。

第8条 退会

参加者は、SNSからの「招待メール」を受信してから「一年間」で受講期間が満了となります。受講更新は参加者が選択することができます。受講期限の自動更新は行われません。受講期限が切れると参加者のSNSのIDやパスワード、また入力されたデーターはすべて削除されます。当社は参加者が受講期限中に入力された入力データーは一切保存しません。

第9条 当社による利用承認の取消等(強制退会の処置について)

参加者が次のいずれかに該当すると当社が判断した場合、参加者への事前通知なしに、通信講座の利用の停止、アカウントの削除等の措置を講じることができるものとします

(1)  本規約において当社が指定する以外の目的で、教材等をウェブサービス等を使用し公開する行為
(2) 当社、又は第三者に損害を与える行為
(3) 他の参加者や第三者の著作権、その他の知的財産権を侵害する行為
(4) 通信講座の運営を妨げるような行為
(5) 法令に違反する行為
(6) 前各号に定める行為を助長する行為
(7) その他当社が不適切と判断する行為

第10条 著作権等

参加者は、通信講座を通じて当社から提供される著作物を、著作権法で定める、私的使用(著作権法第30条)などの著作権者に無断で利用できる範囲内でのみ利用するものとします。

第11条 サービスの中断
当社は、以下の場合、通信講座の提供の全部または一部を中断することができるものとします。
(1)      当社のサービス用設備の保守を実施する場合
(2)     天災、停電、戦争等の不可抗力により通信講座の提供ができなくなった場合
(3)     その他当社が通信講座の運営上、一時的な中断が必要と判断した場合

当社は、前項の規定により通信講座の全部又は一部の運営を中断するときは、あらかじめその旨を参加者に通知します。但し、緊急時ややむを得ない場合は、この限りではありません。

第12条 準拠法・管轄裁判所

本規約に関する準拠法は、日本法とします。
通信講座の利用に関して、当社と受講生との間に、訴訟の必要が生じた場合は、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意裁判所とします。

2019年8月19日制定